『駐在刑事』あらすじ キャストは?【2018秋ドラマ情報!】

テレビ東京で10月クール金曜8時のドラマは「駐在刑事」。
主演は地上波連続ドラマ初主演となる寺島進さんです。

今回はそんな『駐在刑事』のあらすじやキャストなど、
ドラマ情報をまとめてみました。

駐在刑事 放送日は?

10月19日(金)スタート!
夜8時放送 初回は2時間SPです!

主人公・江波(寺島進)に加えて、黒木瞳をはじめ、北村有起哉、市毛良枝、笛木優子、鈴之助などスペシャルドラマを彩った豪華キャストが再結集!!

駐在刑事 ドラマあらすじ

奥多摩・水根に駐在する警察官・江波敦史(寺島進)は、かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人の中瀬由紀子(杉本彩)が服毒自殺したことで左遷されることに。赴任してから4度目の夏。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。

ある夕方、江波は山岳ガイド・池原孝夫(鈴之助)に呼び出され、奥多摩山岳ガイドセンターへ。登山道具がなくなってしまったという。盗んだのは合宿に来ている少年山岳会の三田浩樹(小林喜日)だった。大人でも過酷な槍ヶ岳のクラシックルートを登りたくて持ち出したと江波に打ち明けるが、そこにはある理由が…。

駐在所では、老舗旅館の女将・池原美也子(市毛良枝)と、アウトドア用品メーカーのサンレイ副社長・羽川雄一(飯田基祐)が、江波の帰りを待っていた。宿泊客の権藤則夫(大浦龍宇一)が森から帰ってこないという。サンレイでは、水根で “サンレイの森”というレジャースポットを作る大規模計画が進行中で、権藤はその計画責任者。だが早速森へ向かった3人が発見したのは、権藤の撲殺体だった。

番組概要

番組タイトル
金曜8時のドラマ 「駐在刑事」

放送日
2018年10月19日スタート(初回2時間スペシャル) 毎週金曜8時放送

出演
寺島進 北村有起哉 笛木優子 鈴之助 市毛良枝 黒木瞳

監督
皆元洋之助 小林義則(共同テレビ) 鈴木統

脚本
田子明弘 入江信吾

音楽
諸橋邦行

チーフプロデューサー
濱谷晃一(テレビ東京)

プロデューサー
阿部真士(テレビ東京)、元村次宏(東通企画)

製作
テレビ東京/東通企画

原作
笹本稜平
「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」 (共に講談社文庫)

駐在刑事 原作は?

原作は、笹本稜平(ささもとりょうへい)さんの小説「駐在刑事」「駐在刑事 尾根を渡る風」になります。

笹本稜平さんの小説をベースに、テレビ東京「水曜ミステリー9」のシリーズとして4作、2010年10月のスペシャルドラマとして映像化されてきた「駐在刑事」。担当事件の取調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷された江波が、時には組織や上司と激しくぶつかり合いながら、駐在として、そして刑事として汗を流して奔走するさまを描き出した。連続ドラマ版では、シリーズの世界観を踏襲し「“駐在さん”と奥多摩・水根の人々の人情味とユーモアあふれるエピソード」「捜査一課が追うシリアスな殺人事件」「奥多摩の大自然が持つ魅力的な美しいロケーションと大胆な殺人トリック」を組み合わせ、スリリングな物語を展開させる。

駐在刑事の見どころは?

テレビ東京では10月クール金曜8時のドラマ「駐在刑事」を10月19日(金)から初回2時間SPで放送致します。主演は地上波連続ドラマ初主演となる寺島進。かつて警視庁捜査一課の敏腕刑事、今は奥多摩の人々に“駐在さん”として親しまれている江波敦史を演じます。

そしてこの度、シリーズの人気を支えてきた豪華キャスト陣の連続ドラマ「駐在刑事」レギュラー出演を発表させて頂きます。

シリーズを通して登場してきた江波の天敵で警視庁捜査一課の管理官・加倉井国広役に北村有起哉、奥多摩の水根旅館の女将をつとめる池原美也子役に市毛良枝、山岳ガイドをしつつ今回、美也子に誘われ「休み処 みやこ」の女将を務めることになった内田遼子役に笛木優子、そんな遼子に恋心を抱く山岳ガイドで水根旅館の跡取り息子・池原孝夫役に鈴之助と、シリーズお馴染みの豪華キャストが連ドラ版「駐在刑事」にも出演します。さらに前回2017年10月に放送されたスペシャルドラマで警視庁捜査二課の理事官として登場し、強烈な印象を残した緒方綾乃役を黒木瞳が演じます。今回綾乃は奥多摩署の署長として再び江波の前に姿を現すことに…その思惑とはいったい何なのか?

連続ドラマでもシリーズの世界観を踏襲し、『奥多摩・水根の人々とのほっこりエピソード』と『捜査一課が追うシリアスな殺人事件』、『奥多摩の自然を活かした大胆な殺人トリック』を組み合わせスリリングに物語は展開。さらに、江波の「正義」とぶつかる登場人物たちも新たに続々登場予定です。いったい、最大の敵は誰なのか? そして江波が巻き込まれる巨大な力とは…。駐在・江波が汗を流し奔走するヒューマンサスペンスをお楽しみに。

駐在刑事 ドラマキャスト!

江波敦史:寺島進
かつて警視庁捜査一課の刑事として活躍していた。しかし担当事件の取調べ中、重要参考人が服毒自殺したことで奥多摩の駐在所へ左遷されることに。今や地元では“駐在さん”と呼ばれ慕われている。

加倉井国広:北村有起哉
主人公、江波の天敵で警視庁捜査一課の管理官。
一人を守るために奮闘する江波とは異なり、警察の「組織」としての役割を大切にする。冷静沈着。

内田遼子:笛木優子
山岳ガイド。美也子に誘われて水根旅館の休み処の女将も務めることに。図書館司書の資格も持っているため、江波の推理を助けることもある。

池原孝夫:鈴之助
山岳ガイド。水根旅館の跡取り息子。
水根の自然を守るために、時に熱くなることも。
江波と共に殺人トリックを暴くために体を張る。

池原美也子:市毛良枝
奥多摩の老舗・水根旅館の女将。
何かと江波のことを気にかけ、惣菜のお裾分けを駐在に持ってきたりする。また、江波に犯人逮捕の“ヒント”を与えることも。

緒方綾乃:黒木瞳
元警視庁捜査二課の理事官で今回奥多摩署の署長として水根に戻ってきた。
かつて江波を「潰す」と言い放ったが、奥多摩に来た本当の理由はいったい…。言動に謎が多く、不気味なほどミステリアス。

寺島進のコメント

・駐在刑事がついに連続ドラマとなりますがいかがでしょうか?
「駐在刑事」をずっとやらせていただいて良かったです。継続は力なりだなと感じました。
このドラマはミステリードラマではありますが、奥多摩の方々の人情味あふれるところも見どころの一つだと思います。そこも是非ご覧いただけると嬉しいですね。
これまでのシリーズでたくさんの視聴者の方々に応援していただいたからこその連続ドラマ化だと思いますので、乞うご期待ください!
・連ドラ初主演となりますがお気持ちはいかがでしょうか?
本当に光栄でした!この「駐在刑事」は非常にチームワークが良い現場なんです。
シリーズを通してたくさんのスタッフやキャストにサポートしていただいてきたことにも感謝しています。活気のある連続ドラマにしていきたいと思います!
・駐在刑事シリーズは寺島さんにとってどのような作品ですか?
これまでだいたい年に1本ペースでこの「駐在刑事」は撮影してきましたが、毎年暑い時期の撮影が多くて…よく熱中症で倒れなかったなと思いますね(笑)
本当にスタッフの皆さんがサポートしてくれるからこそ無事に撮影もできてきたと思います。
今まで出演していただいた方にもこんなにチームワークの良い現場は初めてだと言っていただいたりして、ゲストの方にも気持ち良く現場に臨んでいただける自信はあります。 僕の俳優の歴史の中の1ページでもある作品です。
・これから撮影スタートですが意気込みをお聞かせください。
奥多摩は本当に自然に囲まれていて、東京にもこんなにも美しいところがあるんだなと思いました。その素晴らしいロケーションで撮影をさせていただくので、奥多摩の自然の力を借りながら自然体で撮影に臨みたいなと思います!

駐在刑事 ロケ地情報!

はっきりとした場所は明らかになっていませんが、7月31日に長野県松本市でエキストラの募集があったそうです。
このことから、松本市でもロケが行われたことがわかっています。

駐在刑事 主題歌は?

主題歌は未発表です。
情報が入り次第追記しますので、しばらくお待ちください。

駐在刑事 まとめ

いかがでしたか?

10月スタートの秋ドラマ
テレビ東京系新金曜夜8時放送「駐在刑事」の
キャスト、原作、主題歌、あらすじ、を紹介しました。

今回も奥多摩の豊かな自然と、スリルある展開が楽しみですね!