「プリティが多すぎる」あらすじやキャストは?【2018秋ドラマ情報!】

千葉雄大が10月に日本テレビ系でスタートする新ドラマ「プリティが多すぎる」
日本放送の他、フランス・カンヌでワールドプレミアが行われることが決定し話題になっていますね。
そして、韓国や台湾など9つの国と地域で同時期放送されることも決定しています。
そんな話題のドラマ「プリティが多すぎる」のあらすじやキャストなどドラマ情報をご紹介します。

「プリティが多すぎる」放送日は?

ドラマ「プリティが多すぎる」は10月18日深夜24時59分よりスタートです。

「プリティが多すぎる」ドラマあらすじ

大手出版社で働く新見佳孝は同期も羨む文芸編集部のエース。

ある日、突然に編集長から原宿系ファッション雑誌「Pipin(ピピン)」への異動を命じられる。

「ワンチャン」「それな」「マジ卍」

新見を待ち受けていたのは難解な若者用語。

関心の持てないモノに囲まれて新見はふて腐れて仕事ではミスを連発。

曲者揃いの女性スタッフ、ド派手ファッションのわがままモデルたち。

新見はカワイイ至上主義の世界に翻弄されるも、次第に「Pipin」を作り上げている編集者やモデルたちのプロ意識に触発されて成長していく。

「プリティが多すぎる」原作は?

原作は2012年に文春文庫より発行された、小説家の大崎梢(おおさきこずえ)さんの「プリティが多すぎる」です。

「プリティが多すぎる」原作の感想は?

A さん
雑誌作り側の苦労というかドタバタ劇がいいですね。後半になるにつれて、ピピモのファンになってきましたw。
B さん
少女雑誌の編集者の話だったとは!あんなキラキラした世界の裏はこんなどろどろなのか…妙にリアル。
C さん
仕事に対する意識、根性を問いかけられる小説。新美くんの戸惑いと理解しようとする姿勢が伝わる。

大崎梢(おおさきこずえ)さんのコメント

ドラマの撮影現場では、あまりにもキュートなピピン編集部にびっくり。あそこで働きたい。俳優さんたちもスタッフの皆さんも和気藹々と頑張っていらっしゃって、良い刺激をたくさん受けました。プリティなドラマの全容を楽しみにしています。

「プリティが多すぎる」ツイッターや予告動画!

「プリティが多すぎる」ドラマキャスト!

新見 佳孝:千葉雄大
原宿系ファッション誌「Pipin」編集部の新米編集者。
元・文芸編集部のエースでエリート意識が強くプライドが高い。
通称は南吉。

佐藤 利緒:佐津川愛美
仕事一筋の「Pipin」の編集部員。
南吉の世話係。

三田村 詩織:堀内敬子
「Pipin」の編集長で部のお母さん的存在。

柏崎 龍平:杉本哲太
売り上げ至上主義の文芸編集部の編集長。

近松 吾郎:中尾明慶
文芸編集部の編集部員で南吉の同期かつライバル。

レイ:黒羽麻璃央
原宿のカリスマショップ店員。
南吉にアドバイスする。

・「Pipin」編集部員
佐藤美枝子:小林きな子
森野瑠美:池端レイナ
市之宮佑子:矢島舞美

・「Pipin」モデル
中川心寧:武田玲奈
キヨラ:長井短

・その他の出演者
巽信次郎:麿赤兒
水科木乃:清水くるみ
美麗:森山あすか
戸馬一樹:池田鉄洋
徳丸弘美:穴戸美和公

「プリティが多すぎる」ロケ地情報!

ロケ地は未発表です。
情報が入り次第追記しますので、しばらくお待ちください。

「プリティが多すぎる」主題歌は?

『プリティが多すぎる』オリジナル・サウンドトラックの発売が決定しました。

音楽:西口悠二 / Chocoholic
ドラマ「プリティが多すぎる」
オリジナル・サウンドトラック
10月24日(水)発売
2,500円+税 / VPCD-86212

「プリティが多すぎる」まとめ

いかがでしたか?

今回は10月18日(木)に放送される新秋ドラマ「プリティが多すぎる」についてまとめてみました。

注目を集めるこのドラマは、とても気になりますよね。
放送が楽しみです!