「メゾン・ド・ポリス」あらすじやキャストは?

「メゾン・ド・ポリス」が2019年1月11日スタートします。今回はドラマ「メゾン・ド・ポリス」のあらすじ、キャスト、主題歌、その他ドラマ情報について紹介します。

メゾン・ド・ポリス 放送日は?

2019年1月11日スタート、毎週金曜10:00、TBS系です。

第1話のゲストは手塚理美ほかとっても豪華!

メゾン・ド・ポリス あらすじ

柳町北署の新人刑事・牧野ひより(高畑充希)は念願かなって刑事課に配属され、やる気に満ち溢れていた。そんなある日、所轄内で人が焼かれる動画が投稿サイトにアップされるという事件が発生。捜査本部は5年前に起きた焼殺事件の模倣犯と見て捜査を開始。ひよりは事件の手がか りを探るべく、「デスダンス事件」と呼ばれたその5年前の事件を担当していた元刑事・夏目惣一郎(西島秀俊)から話を聞くため、高級住宅街にある古びた洋館を訪れる。

この洋館には、館のオーナーであり元警察庁のキャリア・伊達有嗣(近藤正臣)、ジャージ姿で新聞を読んでいる現場主義の元所轄の熱血刑事・迫田保(角野卓造)、キザな口調でひよりに近寄ってくる元科学捜査のプロ・藤堂雅人(野口五郎)、管理人として家事全般を担当する元警務課勤 務・高平厚彦(小日向文世)、そして高平の下で雑用係をしている元警視庁捜査一課の敏腕刑事・夏目が暮らしていた。ここは元警察官のおじさんばかりが共同生活を送るシェアハウスだったのだ。

ひよりは夏目に話を聞きにきたのだが、当の夏目は口を割ろうとせず藤堂や迫田のペースで事が進んでいく。警察を退職した、いまや一般人のおじさんたちが捜査に介入しようとすることにひよりは慌てるが、「上には私が一声かけておきましょう」という伊達の謎の一言で話は進んでいってし まう。

こうしてひよりとおじさんたちの不思議な捜査会議が始まった。老眼、腰痛、高血圧だが捜査の腕は超一流のくせ者おじさんたちと共に、ひよりは事件を追っていくことになるのだが――。

まず、退職した警察官のシェアハウスという設定が面白い!

メゾン・ド・ポリス キャストやスタッフ

牧野ひより(まきのひより) … 高畑充希
夏目惣一郎(なつめそういちろう) … 西島秀俊
杉岡沙耶(すぎおか さや) … 西田尚美
瀬川草介(せがわ そうすけ) … 竜星 涼
原田照之(はらだ てるゆき) … 木村 了
新木幸司(あらき こうじ) … 戸田昌宏

高平厚彦(たかひらあつひこ) … 小日向文世

藤堂雅人(とうどうまさと) … 野口五郎
迫田 保(さこたたもつ) … 角野卓造
伊達有嗣(だてありつぐ) … 近藤正臣

高畑充希コメント
TBSの連続ドラマは金八先生以来です。
10年ぶりに帰ってこられてうれしいです!
痛快な刑事ドラマが好きで、10代の頃からよく見ていました。今回初めての刑事役ということで、ウキウキ楽しみな気持ちと、あんな難しいたくさんのセリフ覚えられるのかな…と不安な気持ちが五分五分です。でも、素敵すぎるおじさま方が周りを固めてくださると伺って、ホッと!
先輩方の胸をお借りして、のびのび楽しく撮影出来たらな、と思います。

スタッフ
製作
共同テレビ
TBS
原作
加藤実秋「メゾン・ド・ポリス」シリーズ
(角川文庫刊)
脚本
黒岩 勉
主題歌
WANIMA「アゲイン」
(unBORDE/Warner Music Japan)
音楽
末廣健一郎
MAYUKO
演出
佐藤祐市(共同テレビ)
城宝秀則(共同テレビ)
プロデューサー
橋本芙美(共同テレビ)
芳川 茜(共同テレビ)

メゾン・ド・ポリス 原作は?

ドラマの原作は加藤実秋の小説「メゾン・ド・ポリス 退職刑事のシェアハウス」と「メゾン・ド・ポリス 退職刑事とエリート警視」。

メゾン・ド・ポリス 原作の感想は?

短編なので4日くらいかけて少しずつ読み進めました。あり得ないだろ、という設定ながらも大変読みやすかったです。
ドラマ化を知り読んでみた。 ひより→高畑充希。夏目→西島秀俊。なかなかいいかも。 他の人はイメージと違うけど、ドラマを見ればしっくりくるかもしれない。
高畑充希ちゃん出演でドラマ化の報を見て読みました。おじさんたちが個性溢れていて、思わず「濃いなぁ」と呟いてしまった(笑)。
主役は一応ひよりちゃんぽいけど、事件を解決に導くのはほぼオジサマたち。

メゾン・ド・ポリス まとめ

今回は「メゾン・ド・ポリス」のあらすじ、キャスト、その他ドラマ情報についてご紹介しました。
なんだか個性が光るベテラン俳優陣が気になるドラマですね!第1話から期待したいと思います!