「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」のあらすじやキャスト!

2019年1月10日スタートの竹内結子主演ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」。
情報を操作し、裏で社会を動かす“スピン・ドクター”を題材にしたドラマが話題になっていますね。今回はそんな「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」のあらすじやキャスト、主題歌などドラマ情報をまとめてみました。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 放送日

スキャンダル専門弁護士 QUEENの放送日は2019年1月10日スタート、毎週木曜夜10:00、フジテレビ系です。
初回は15分拡大放送になっていて、第1話から見逃せませんね。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN あらすじ

2019年<木曜劇場>第1作は主演・竹内結子さんにて情報を操作し影で社会を動かす“スピン・ドクター”を日本で初めて題材にするノンストップ・エンターテインメント『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』が決定!!竹内さんは本作が『ダンダリン 労働基準監督官』以来6年ぶりの地上波連続ドラマ主演となり、フジテレビ系連続ドラマとしては全話平均視聴率15.4%(関東地区 ビデオリサーチ社調べ)をたたき出し、映画化もされた大ヒット作『ストロベリーナイト』(2012年)以来、実に7年ぶりの主演となります。

演出を務めるのは、Perfumeの一連の作品や星野源さんの<恋>のミュージックビデオなどを手がけ、その斬新な映像で日本を代表する映像クリエイターの関和亮監督。関監督がプライム帯(午後7時~11時)連続ドラマの演出を務めるのは本作が初となります。また、氷見というどんな逆境であろうと諦めず、しなやかでたくましい女性像と、すべての女性のために闘うというストーリーに共感をいただき、さらに関監督が演出を務めるのであれば、と、世界を代表するラグジュアリーファッショングループの<ケリング>の<ブシュロン>とのタイアップをはじめ同グループの世界的なブランドが、日本のドラマでは初めて全面的に衣装協力をすることに。世界最高峰のジュエリーやファッションとともに、まったく新しく刺激的で魅惑的な映像を関監督が作り上げます。

竹内さん演じる主人公・氷見江(ひみ・こう)は弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターです。特に氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。ドラマはそんな氷見がさまざまなスキャンダルと対峙し、逃げ場を失い崖っぷちに立たされている女性の心に寄り添い、手を差し伸べ、危機から救うべく奔走する姿を、斬新な映像で描いていきます。

スピン・ドクターとは?

情報発信者は誰であろうと、多かれ少なかれ、その情報が自分にとって得か損か、という心理が働いてしまうものです。そんな中でも、情報を自分の有利な方向へ仕向ける特別な技術を持ち、その技術を駆使して緻密な戦略のもと、印象を変え、正当化し、人々の心を動かす、まさに世論の振り付け師とも言うべき人間、それがスピン・ドクターです。
今、これほどスキャンダルなニュースが立て続けに話題になる時代は類を見ません。しかし、その裏側で当事者に本当は何が起こっているのかを私たちが知る機会は、これまでと変わらずほとんどなく、多くのケースで当事者の背後には氷見のような存在がいます。本作は政治、芸能、スポーツなど各界に前代未聞の大胆さで切り込み、圧倒的に臨場感のあるスキャンダルを扱います。<木曜劇場>史上最大の問題作必至のノンストップ・エンターテインメント!ぜひご期待ください!

竹内結子のコメント
「まず言葉の掛け合い、そして毎回出てくるクライアントの問題を、どう解決していくのか、というとこを楽しんでいただきたいです。台本を読んでいるだけでも、いったいどこでこんな仕掛けをしたんだろうと思うようなトリッキーな部分があるので、そういったところにも注目していただきつつ、登場人物たちのやりとりを楽しんで見ていただけたらな、と思います」

スキャンダル専門弁護士 QUEEN キャスト

スキャンダル専門弁護士 QUEEN のキャスト紹介です。

氷見 江(ひみ こう):竹内結子

竹内さん演じる主人公・氷見江は弁護士ながら専門は危機管理で、その主戦場は法廷ではなくスキャンダルの裏側。
これまで社会的窮地にいるクライアントを99.9%の確率で救ってきた天才トラブルシューターであり、必要ならば嘘すら正義に変える凄腕のスピン・ドクターです。
特に氷見には「危機にある女性の最後の砦」という信念があり、女性を救うためであれば手段を選ばず、どれほどの逆境であろうと覆すことを絶対に諦めません。
ドラマはそんな氷見がさまざまなスキャンダルと対峙し、逃げ場を失い崖っぷちに立たされている女性の心に寄り添い、手を差し伸べ、危機から救うべく奔走する姿を、斬新な映像で描いていきます。

竹内結子さんは6年ぶりの連ドラ!

与田知恵役:水川あさみ

氷見と同じく危機管理を専門にする弁護士で、氷見にとって右腕的な存在であり、女友達のような関係。
冷静沈着かつ完膚なきまでに論理的で竹を割ったような性格ながら、一度怒りに火がつくと氷見でも止められない顔を持ち合わせる一方、たまに言葉の節々で恋愛至上主義者であることを匂わせる。

水川あさみさんドラマの役作りのためにバッサリヘアカット!ボブヘアが良い!

藤枝修二役:中川大志

危機管理を専門にする駆け出しの弁護士。
端麗な容姿とアメリカでも最難関のロースクール出身という華やかな経歴を持つ一方、どこか抜けており、鈍くさいミスをすることもしばしば。
それゆえ氷見たちから学歴詐称だとからかわれることも。
しかし、困っている人を助けたいという思いは人一倍強く、氷見の仕事に圧倒されながらも懸命についていこうとします。

中川大志さん、弁護士役に初挑戦です!

鈴木太郎役:バカリズム

氷見たちが勤める大手法律事務所の副所長。
父親が所長であり、生粋のお坊ちゃま。
それゆえハングリー精神に乏しく、舞い込んできた仕事は基本的に氷見たちに丸投げし、「ブラック企業並みに休みがない」と氷見たちが抗議しようとどこ吹く風。
それどころか依頼人からのクレームすらどこ吹く風で、しかし、それが時に氷見たちを守っているようにも見え、さらに氷見をハッとさせるような鋭い言葉を言い放つ場面も。

真野聖子役:斉藤由貴

氷見たちの法律事務所に勤めている事務員。
バツイチ子持ちで、何を考えているのか、喜怒哀楽をほとんど見せず、マイペースに事務作業をこなす一方、高度なハッキング技術を持ち、氷見から要望があればフェイクニュースを作り上げ、世間を混乱させることなどお手の物という謎多き事務員。
さらに徐々に明かされる波瀾万丈な真野の過去は、スキャンダル慣れをした氷見たちも驚かすことに。

東堂裕子役:泉里香

在京テレビ局のミナトテレビに勤める敏腕女性記者。
上昇志向の塊で、何があっても最優先は真実を突き止め、スクープを取ること。
東堂はある日、とある大物政治家の二世議員からセクハラ被害を受けたと、氷見のもとを訪れる。
普通なら、どのように被害を世に訴えるかを考えるところを、東堂からの依頼は、被害を公表しない代わりに、父親の大物議員からネタ(情報)を手に入れたいというものだった。
氷見の暗躍で、見事にスクープを勝ち取った。その縁で、氷見から、氷見が抱えている案件に関して東堂がつかんでいる情報をコッソリ教えてもらえないかと、逆に頼まれる間柄に。
もちろん東堂は脅されているわけでなく、情報を教える引き替えに氷見から何かネタを引っ張れないかという魂胆があり、そんな氷見と東堂の駆け引きが、時に物語を左右していくことに。

泉里香さんは物語を左右するキーマン的存在?!だそうですよ!

スタッフ情報

木10ドラマ「スキャンダル弁護士 Queen」スタッフ一覧
脚本:倉光泰子
編成企画:加藤達也
プロデュース:貸川聡子(共同テレビ)、櫻井雄一(ソケット)
演出:関 和亮
制作:フジテレビ
制作協力:ソケット
制作著作:共同テレビ

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 主題歌

2019年1月10日よりスタートするフジテレビドラマ『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の主題歌、オープニングテーマ、劇伴を担当するアーティストが発表されました。

『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』の主題歌をYUKIさんが、オープニングテーマを新人シンガーソングライターのmilet(ミレイ)さんが、そして劇伴をSOIL&”PIMP”SESSIONS(ソイル・アンド・ピンプ・セッションズ)が務めることが決定!!

主題歌を担当するYUKIさんは、JUDY AND MARYのヴォーカリストを経て2002年にソロ活動を開始し、前衛的でありながらポップに仕上げる独自の世界観、独特の歌声、唯一無二のライブパフォーマンスで圧倒的な存在感を放ち続けています。主題歌はそんなYUKIさんの新曲になります。YUKIさんが連続ドラマの主題歌を務めるのは、『スターマン・この星の恋』(2013年)以来約6年ぶり。

スキャンダル専門弁護士 QUEEN まとめ

今回は「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」のあらすじやキャスト、主題歌などドラマ情報をご紹介しました。スピン・ドクターを題材にしていることもあってどんなドラマになるのか気になる冬ドラマですね。初回放送が楽しみです。