『イノセンス 冤罪弁護士』キャストやあらすじ!

2019年1月19日スタート秋ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』のキャストやあらすじなどドラマ情報をご紹介します。

『イノセンス 冤罪弁護士』ってどんなドラマ?

『イノセンス 冤罪弁護士』2019年1月19日スタート、毎週土曜夜10:00、日本テレビ系。

身近にひそむ【冤罪】の恐怖・・・。
犠牲になってしまった弱者を助ける弁護士たち・・・。

【冤罪】とは
・無実であるのみ犯罪者として扱われてしまうこと

実は、普通に暮らしているごく一般の人たちが冤罪の犠牲になっていることがあります。
その数は決して少なくないそう・・・。

この『イノセンス 冤罪弁護士』は、一人の若き弁護士が、科学者、ジャーナリスト達の協力を得て、思いもよらぬ実証実験で、冤罪事件を解き明かしていくドラマです。

事件の検証実験を毎回やるのが見所!

イノセンス 冤罪弁護士の原作は?

イノセンス 冤罪弁護士の原作はなく、脚本は「メイちゃんの執事」「任侠ヘルパー」の古家和尚氏が手がけています。そして、演出は「東京タラレバ娘」の南雲聖一氏、そして「ゼロ 一獲千金ゲーム」の丸谷俊平氏のお二方で、どんなドラマになるか今から楽しみですね。

イノセンス 冤罪弁護士 キャスト!

キャスト

弁護士 黒川 拓・・・坂口健太郎

役柄:保駿堂法律事務所に所属する弁護士
不可能に近いとされる「冤罪弁護」に積極的に立ち向かい、何度か勝利した実績を持つ。現場で起きた事象を実験で再現し事件の解明に挑む。先入観や思い込みを基にした捜査に対し、その矛盾点を突いていく。普段は動きやすい服装で、第三者との円滑なコミュニケーションのために様々なものが詰め込まれた布袋を背負っている。基本的にいつも金欠。

坂口健太郎のコメント
『“弁護士”が“科学の検証”を使って冤罪を晴らす』。初めてお話をいただいた時は、少し難しい作品になるのかと思ったのですが、台本を読み、字で追うだけでイメージがスッと入ってくるぐらい、わかりやすく面白い作品です。弁護士役ということで、法廷へ見学に行ったりしながら雰囲気を味わい役作りに臨んでいますが、僕が演じる拓は、ビシッとしたイメージ通りの弁護士ではなく、少し風変わりな弁護士で、視聴者の皆さんにもどこか共感できる部分があると思います。各話のテーマも、身近に潜む「冤罪」、誰にでも起こりうる出来事を扱っていますので、是非、拓と一緒に物語を体験していただけたら嬉しいです。

弁護士 和倉 楓・・・川口春奈

役柄:保駿堂法律事務所に入ってきた新人弁護士
手伝いとして拓と共に弁護活動にあたることになり、以降振り回されることに。拓のスタンドプレーに声を荒げることも多々。拓が行う実証が「損得抜きの真実を求めるためのもの」と知ってから、次第に拓を見る目が変化していく。

川口春奈のコメント
今回、弁護士役は初めてですし、このようなシリアス題材を扱った作品に参加する機会もあまり多くはないので最初は不安もあったのですが、台本がとても面白く、今は自分の新たな一面を出せる、見せられるチャンスなので楽しみにしています。私が演じる楓は、天真爛漫なキャラでありながら、それでも坂口さん演じる拓に振り回される……という役柄ですが、そんな拓との「温度差」が出るよう演じられたらなと思っています。世代問わずに楽しめる作品になっていますので、是非家族みんなで楽しんでいただけたら嬉しいです。

城崎 穂香・・・趣里

役柄:保駿堂法律事務所 拓専属のパラリーガル
一児の母。数少ない拓の理解者の一人。

指宿 林太郎・・・小市慢太郎

役柄:東京地方検察庁・検察官
しばしば拓と裁判で争う。かつて拓の父である黒川真の部下として働いており、今も尊敬している。

登別 次郎・・・正名僕蔵

役柄:保駿堂法律事務所 弁護士
実入りのいい大企業の依頼を数多くこなす。事務所の稼ぎ頭。

石和 徳則・・・赤楚衛二

役柄:保駿堂法律事務所 パラリーガル
ミスしがちだが、時には事件解決のヒントを与えることも。実はいいところのボンボン。

別府 長治・・・杉本哲太

役柄:保駿堂法律事務所所長
企業法務を請け負うエリート弁護士事務所を目指す。

湯布院 和人・・・志賀廣太郎

役柄:保駿堂法律事務所 最年長弁護士
司法制度に疑問を抱き、黒川を後継者と思っている。

有馬 聡子・・・市川実日子

役柄:テレビ日本 報道局社会部ディレクター
冤罪事件を取材する。

科学者 秋保 恭一郎・・・藤木直人

役柄:東央大学理工学部物理学科准教授
拓の学生時代の先輩。他人に興味が無いにも関わらず、拓から依頼がくると、犯罪における様々な実証実験を引き受ける。警察の捜査がいまだに科学的実証を軽視している現状に強い危機感を抱いており、それが拓に協力する動機となっている。肉親にまつわる悲しい過去を持つ。

スタッフ

脚本-古家和尚
音楽-UTAMARO Movement
音楽プロデュース-岩代太郎
チーフプロデューサー-池田健司
プロデューサー-荻野哲弘
尾上貴洋-本多繁勝(AXON)

演出-南雲聖一/丸谷俊平
制作協力-AXON
製作著作-日本テレビ

イノセンス 冤罪弁護士 まとめ

いかがでしたか?
2019年1月19日スタート秋ドラマ『イノセンス 冤罪弁護士』のキャストやあらすじなどをご紹介しました。

冤罪をテーマにしたドラマってあんまり見かけないのでどんな展開か気になるドラマですね。
2019年冬ドラマが楽しみです。